FC2ブログ

記事一覧

トラリピUSD/JPY運用実績2019.16W・17W

ナマスカール!中国で「令和」の商標申請相次ぐ=既に1200件超 2019年05月01日14時59分 時事ドットコム
”中国人”と一纏めにするのも良くないのかもしれないけど、することに品が無い┐(´-`)┌ 残念な国だ。

SORA152.jpg

平成最後のトラリピさん報告も最後の通貨USD/JPYとなりました。USDさんが動いてくれないと、
トータルで利益が薄くなりますので、カンダタトラリピではウエイトが大きい通貨になります。
設定が残念なので、ほんと何とかしたいのですが出来ていません。困りものです。
結果を見てみましょう。

USDJPY 2019-16W
USDJPY 2019-17W1
USDJPY 2019-17W2

画像が少しずれているのはご愛敬。トラリピさんが欲張りレンジに入ってきたようで、件数が大幅増!
16Wは6件の決済があり4200円の利益、17Wも9件の決済で6110円の利益と13件のポジショニング。
2週間で15件も決済されたことで全部で10310円の利益となりました。ありがたや、ありがたやo(^▽^)o
見たところ16Wは徐々に円安に向かった感じですが、17Wは全部25日に決済&ポジションとってます。
どんな動きだったのか、チャートを見てみましょう。

USDJPY 2019-16W17W CHART

なんか、複雑な動きを見ていますね。トランプさんなんか言ったんでしょうか?(゚∀。)アヒャ
25日手前までは112円下で微妙に動いていたようですが、25日に大きく円安に振れたかと思いきや、
ドンっと上げ以上に下がりましたね。25日が肝のようです。レートを見てみます。

USDJPY 2019-16W17W RATE

期間中の高値は4月24日(水)の112.41円、安値は翌4月25日(木)の111.39円、高低差は1.02円でした。
1円幅で動いたようですが、その割には結構な件数が決済されましたね。やはり欲張りレンジ最強です。
気になるのは25日の動きです。まあ、111円の底値は固そうですので、極度の円高は今のところ大丈夫?
期間中のニュースをまとめましたので、見てみましょう。

★今週の動き (出所: minkabuPRESS)
4月15日(月)
アメリカ経済指標【ニューヨーク連銀製造業景気指数(4月)】2019/04/15(月) 21:30
 結果 10.1 予想 8.0 前回 3.7(ニューヨーク連銀製造業景気指数)
4月16日(火)
米経済指標【対米証券投資(2月)】2019/04/16(火) 05:02
 結果 519億ドル 予想 N/A 前回 72億ドル
アメリカ経済指標【鉱工業生産指数(3月)】2019/04/16(火) 22:15
 結果 -0.1% 予想 0.2% 前回 0.1%(0.1%から修正)(鉱工業生産指数)
 結果 78.8% 予想 79.2% 前回 79.0%(78.2%から修正)(設備稼働率)
アメリカ経済指標【NAHB住宅市場指数(4月)】2019/04/16(火) 23:00
 結果 63 予想 63 前回 62
4月17日(水)
アメリカ経済指標【MBA住宅ローン申請指数(04/06 - 04/12)】2019/04/17(水) 20:00
 結果 -3.5% 予想 N/A 前回 -5.6%(前週比)
アメリカ経済指標【貿易収支(2月)】2019/04/17(水) 21:30
 結果 -494億ドル 予想 -534億ドル 前回 -511億ドル(貿易収支)
●米貿易赤字が縮小もドル円112円近辺で動かず=NY為替 2019/04/17(水) 21:47
 2月の米貿易赤字は494億ドルと、事前予想534億ドルおよび前回1月の511億ドルを
 大幅に下回る赤字幅となった。対中赤字は28.2%減の247.61億ドルだった。
 一方、対日赤字は14.3%増の59.38億ドルだった。
 ドル円は112円ちょうど近辺から目立った動きをみせていない。
 USD/JPY 112.00 EUR/USD 1.1307 EUR/JPY 126.61
アメリカ経済指標【卸売在庫(速報値)(2月)】2019/04/17(水) 23:00
 結果 0.2% 予想 0.3% 前回 1.2%(前月比)
米経済指標【EIA米週間石油在庫統計】2019/04/17(水) 23:30
 (バレル・前週比) 
 原油   -139.6万(4億5515万)
 ガソリン -117.4万(2億2796万)
 留出油  -36.2万(1億2769万)
 (クッシング地区)
 原油   -154.3万(4445万)
 *()は在庫総量
4月18日(木)
アメリカ経済指標【小売売上高(3月)】2019/04/18(木) 21:30
 結果 1.6% 予想 1.0% 前回 -0.2%(前月比)
 結果 1.2% 予想 0.7% 前回 -0.2%(-0.4%から修正)(コア・前月比)
アメリカ経済指標【新規失業保険申請件数(04/07 - 04/13)】2019/04/18(木) 21:31
 結果 19.2万件 予想 20.5万件 前回 19.7万件(19.6万件から修正)(前週比)
アメリカ経済指標【フィラデルフィア連銀景況指数(4月)】2019/04/18(木) 21:31
 結果 8.5 予想 11.0 前回 13.7(フィラデルフィア連銀景況指数)
(再送)アメリカ経済指標【景気先行指数(3月)】2019/04/18(木) 23:05
 修正が入りました
 結果 0.4% 予想 0.4% 前回 0.1%(0.2%から修正)(前月比)
4月19日(金)
アメリカ経済指標【住宅着工件数(3月)】2019/04/19(金) 21:33
 結果 113.9万件 予想 122.5万件 前回 114.2万件(116.2万件から修正)(住宅着工件数)
 結果 126.9万件 予想 130.0万件 前回 129.1万件(129.6万件から修正)(住宅建築許可件数)
4月22日(月)
アメリカ経済指標【中古住宅販売件数(3月)】2019/04/22(月) 23:00
 結果 521万件 予想 530万件 前回 548万件(551万件から修正)
●米中古住宅販売件数は予想以上の減少も反応なし=NY為替 2019/04/22(月) 23:12
 3月の米中古住宅販売件数は年率換算で521万戸と予想以上の減少となった。
 前回が予想外に強い内容だったことからその反動が出た可能性もありそうだ。
 ただ、米住宅市場に関しては既に鈍化傾向が指摘されており、市場もネガティブな反応を見せていない。
 ドル円は111.90円近辺、ユーロドルは1.12ドル台半ばで推移している。
4月23日(火)
アメリカ経済指標(FHFA住宅価格指数(2月))2019/04/23(火) 22:00
 結果 0.3% 予想 0.5% 前回 0.6%(前月比)
アメリカ経済指標【新築住宅販売件数(3月)】2019/04/23(火) 23:00
 結果 69.2万件 予想 64.9万件 前回 66.2万件(66.7万件から修正)
●米新築販売件数は3ヵ月連続の増加も為替市場の反応は限定的=NY為替 2019/04/23(火) 23:16
 日本時間23時に発表になった3月の米新築販売件数は年率換算で69.2万件と予想を上回った。
 3ヵ月連続の増加となったが、米国債利回りが低下する中での住宅ローン金利低下に加えて、
 この間も賃金が上昇していたことが、消費者の住宅購入意欲を高めたようだ。
 中古住宅や住宅着工は予想を下回る内容が続いているものの新築は好調なようだ。
 ただ、発表後ややドル買いの動きも見られたものの、限定的な反応に留まっており、
 ドル円は112円手前での推移となっている。
4月24日(水)
●ドル買い強まる FRBと他中銀との格差に再び注目も=NY為替前半 2019/04/24(水) 02:35
 このところの米経済指標が好調で、次のFRBの行動は利上げとの見方も再び浮上し始めているようだ。
アメリカ経済指標【MBA住宅ローン申請指数(04/13 - 04/19)】2019/04/24(水) 20:00
 結果 -7.3% 予想 N/A 前回 -3.5%(前週比)
米経済指標【EIA米週間石油在庫統計】2019/04/24(水) 23:30
 (バレル・前週比) 
 原油   +547.9万(4億6063万)
 ガソリン -212.9万(2億2583万)
 留出油  -66.2万(1億2703万)
 (クッシング地区)
 原油   +46.3万(4491万)
 *()は在庫総量
4月25日(木)
アメリカ経済指標【耐久財受注(速報値)(3月)】2019/04/25(木) 21:30
 結果 2.7% 予想 0.8% 前回 -1.1%(-1.6%から修正)(前月比)
 結果 0.4% 予想 0.2% 前回 -0.2%(-0.1%から修正)(コア・前月比)
アメリカ経済指標【新規失業保険申請件数(04/14 - 04/20)】2019/04/25(木) 21:30
 結果 23.0万件 予想 20.0万件 前回 19.3万件(19.2万件から修正)(前週比)
●3月米耐久財受注速報値は予想上回る、ややドル買いに=NY為替 2019/04/25(木) 21:37
 3月の米耐久財受注速報値は前月比+2.7%と事前予想+0.8%を上回った。
 輸送機器を除く前月比は+0.4%と事前予想+0.2%を上回った。
 設備投資の先行指標とされる製造業受注(非国防資本財)は+1.3%と事前予想+0.2%を大きく上回った。
 強い内容となり、米10年債利回りは一時2.535%近辺に上昇。
 ただ、為替市場ではすでにドル買いが進んでいたこともあり、一段の動きは限定的。
4月26日(金)
●ドル買い一服 ドル円は200日線を下回る場面も=NY為替前半 2019/04/26(金) 01:50
 米経済指標は、新規失業保険申請件数は弱かったものの、3月の耐久財受注が予想を上回り、
 明日のGDP速報値への期待感を高める内容でポジション調整が出ているのかもしれない。
アメリカ経済指標【実質GDP(速報値)(2019年第1四半期)】2019/04/26(金) 21:30
 結果 3.2% 予想 2.3% 前回 2.2%(実質GDP)
 結果 1.2% 予想 1.0% 前回 2.5%(個人消費)
 結果 0.9% 予想 1.2% 前回 1.7%(GDPデフレータ)
 結果 1.3% 予想 1.4% 前回 1.8%(PCEコアデフレータ)
●ドル買い反応、米GDP速報値は前期比年率+3.2%と予想大幅上回る=NY為替 2019/04/26(金) 21:35
 第1四半期の米GDP速報値は前期比年率+3.2%と事前予想+2.3%を大きく上回った。
 前期は+2.2%だった。この結果を受けて米債利回り上昇とともにドル買いの反応が広がった。
 米10年債利回りは一時2.54%台に上昇。ドル円は112.03レベルまで上昇。
 ただ、足元ではドル買いの動きを消しており、神経質な上下動となっている。
 USD/JPY 111.75 EUR/USD 1.1143 EUR/JPY 124.64
アメリカ経済指標【ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)(4月)】2019/04/26(金) 23:00
 結果 97.2 予想 97.0 前回 96.9
●ドル円が再び200日線割れを試す動き=NY為替速報 2019/04/26(金) 23:25
 きょうのNY為替市場はドル売りが優勢となっており、ドル円は戻り売りが優勢となっている。
 111.50円付近に200日線が来ているが、きのうに引き続きその水準割れを試す動きが出ている。
 USD/JPY 111.50
4月27日(土)
●ドル売り優勢 米GDPは強い数字も見た目ほどではないとの見解も=NY為替前半 2019/04/27(土) 02:55
 きょうの注目は1-3月期の米GDP速報値だったが、前期比年率で3.2%と予想を大きく上回る
 かなり高い数字となった。発表直後はドル買いが強まったものの直ぐに反転している。
 個人消費は予想こそ上回ったものの1.2%と低水準の伸びとなった。
 また、デフレータも1%を下回る伸びとなっている。数字を押し上げた主な要因は在庫投資と純輸出で、
 在庫投資は1284億ドルの大幅な拡大となり、純輸出も予想外にプラスに寄与した。
 市場からは在庫積み上げなど一時的要因が大きく、国内最終需要は1.4%に鈍化していることから、
 見た目ほどは強くないとの見解も出ている。
 少なくとも今回のGDPはFRBの利上げを促す内容ではなさそうだ。
 とはいえ、利下げ期待を強めるような数字でもない。

発表された米経済指標が好調なようで、そのことによるドル買いが円安の原因のようですね。
27日(土)に発表されたGDPの数値も悪いものではなかったが、慎重論もあるようで、
利下げに転換するようなものではないが、良い数字に手放しでは喜ばないと言ったところ。

今週のまとめ4月15日から4月19日の週 2019/04/20(土) 08:00
今週のまとめ4月22日から4月26日の週 2019/04/27(土) 07:50
とれんど捕物帳 気がつけばドルは高金利通貨 ドル高・株高もドル円の上値重い 2019/04/27(土) 08:45

4通貨全てのレポートが終わったところで4月度のトラリピ集計です。
USD/JPYが良く動いたので今月は期待大です。

トラリピ実績20190414-30

4月はトータルで17,107円とまあまあの結果となりました。
2月からの集計では一番良い結果となりましたが、目標の月3万円まではまだまだです。
不安定な要素も多いので、やはり他の通貨を増やす事で利益増を図りたいと思います。
幸いUSD/JPYには資金をそれなりに入れておりますので、ロスカットまでは行かないと考えています。
「令和」に入っていきなりロスカット!とならないように慎重にやっていきたいと思っています。

↓↓↓励みになりますので、宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
 にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ  








コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カンダタ

Author:カンダタ
犍陀多(カンダタ)は芥川龍之介の作品「蜘蛛の糸」で地獄に落ちた男カンダタからとりました。定年まであと十数年の50前のサラリーマンです。十数年前にやみくもに買って塩漬けにしている個別株がありますが、興味をもって投資に向き合い始めたのはここ3年になります。インデックス投資を主軸に、FX・仮想通貨で資産形成を加速出来たらと考えています。

トラリピ運用実績

2017年2月15日より運用開始
2017/03 ¥15,530
2017/04 ¥15,180
2017/05 ¥17,470
2017/06 ¥13,380
2017/07 ¥10,000
2017/08  ¥7,870
2017/09 ¥20,020
2017/10 ¥26,150
2017/11 ¥38,590
2017/12 ¥57,670
2018/01 ¥43,500
2018/02  ¥7,640
2018/03  ¥4,540
2018/04  ¥5,990
2018/05 ¥20,200
2018/06 ¥20,100
2018/07 ¥57,100
2018/08 ¥48,600
2018/09 ¥38,600
2018/10 ¥47,900
2018/11 ¥51,700
2018/12 ¥33,730
2019/01 ¥30,878
2019/02 ¥17,640
2019/03 ¥11,315
2019/04 ¥15,097
累積スワップ2019/04迄 ¥35,339

最新コメント

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: